Facebook Pixel

EPOSから登場した本格的スタジオクオリティーのゲーミングマイク「B20」をレビュー!

EPOSから登場した本格的スタジオクオリティーのゲーミングマイク「B20」をレビュー!
レビュー

デンマーク発のゲーミングデバイスブランドEPOSから、発売されたゲーマー向け配信用マイク「B20」なんでもスタジオ放送音質だとか。

音質が売りのマイクですか……。
音に対するこだわりが強いfunglr Gamesには凄く気になりますね。
と思っていた所になんと!「B20」が届きました!

それならば早速、レビューしていくことにしましょう!

商品のイメージを決めるパッケージ!

パッケージを見ていく
パッケージを見ていく
funglr Games

正面にはシンプルに商品名とイメージ画像。

 

English only
English only
funglr Games

裏には商品とEPOSに関する説明らしき文言、こだわりを感じる全編英語構成。

 

様々な言語が
様々な言語が
funglr Games

側面には合計6つの言語で

スタジオ放送品質のマイク|高音質素材による洗練されたデザイン|ゲーマーやライブ配信向けに開発

と明記されています。

密閉型ゲーミングヘッドセットEPOS H3」と同様に品質に「スタジオ」という言葉が使われていますね、スタジオとはなんと秀逸な表現だろうか………。
的確に一言でわかりやすく高品質であることが伝わってきます。

開封のお時間だ!

内側の色はエメラルドブルーに近い?
内側の色はエメラルドブルーに近い?
funglr Games

開封してみると……、側面にあった説明文の背景色と同色の内側。
鮮やかながら、大人な色合いですね。

 

箱の中身はたったこれだけ
箱の中身はたったこれだけ
funglr Games

本体であるB20の他に

  • デスクスタンド(接合用マイナスネジ1本)
  • 2.9m USBケーブル
  • 安全ガイド
  • クイックスタートガイド(全4枚)

が同梱されていました、至ってシンプル。
ちなみに本体のマイクとアームは最初からくっついてますね。

ではでは早速、組み立てていこうと思いましたが、台座に空いてる穴に本体のアーム部分をはめ込んで、そこにねじ止めするだけです、超カンタン。
これはおっちょこちょいな私でも間違えようがないです。

 

つまみとボタンが計4つ
つまみとボタンが計4つ
funglr Games

そして本体にはつまみとボタンが左右対称に2つずつ(ボタン1つとつまみ3つの計4つが)配置されています。

 

こちらは両方共につまみ
こちらは両方共につまみ
funglr Games

こちら側には「4パターンの指向性切り替えのつまみ」と「GAIN調節つまみ」

 

こちらはボタン1つとつまみ1つ
こちらはボタン1つとつまみ1つ
funglr Games

反対側には「ミュートボタン」と「ボリューム調節のつまみ」

 

ここにコードを差す
ここにコードを差す
funglr Games

コードを差し込む部分はこんな感じです。
ヘッドセットやヘッドフォンの4極端子を接続することで、マイクが拾う音・自身の声を確認しつつチャットや配信を楽しむことができます。

 

嬉しい気遣いがこんなところに
嬉しい気遣いがこんなところに
funglr Games

足元のスタンドには溝があり、コードを踏まない設計。
細かいですがこれは嬉しい設計です。

セットアップが超絶カンタン!?

本当に接続するだけなの?
本当に接続するだけなの?
funglr Games

まずはPCへ接続!

このプラグアンドプレイマイクのUSB端子をノートパソコンまたはデスクトップパソコンに接続するだけで準備完了です。
面倒な設定は不要です、すぐに使い始めることができます。

とEPOSサイト内の「B20」商品ページには書いてあったが本当だろうか?

・・・マジだ。
なんの手間もかけずにUSB端子をPCに接続するだけで準備完了、すごい。

互換性のあるのはPS4、PCソフトフォン、macOS。
組み立てから使用まで約1分程度で圧倒的な音質で、加えて好みの指向性を4パターンから選べちゃう。
これはすごい、なんて至れり尽くせりなんだ、感動しちゃいました。

使用後の感想

PS4、PCSoftphone、macOSだけでなく
PS4、PCソフトフォン、macOSだけでなく
funglr Games

音質に関しては何度も述べた通りに言うことなしに満足です。
ですが、使用して初めてわかるのがコンパクトさ
ゲーム中でも目に入ることはほぼなく、気が散ったりなんてこともない上、「ちゃんと音を拾ってくれてるのか?」なんて心配も本体に搭載されたヘッドフォン端子でミックスをリアルタイムでモニタリングできるので勿論なし。
そして、音を聞きながらの直感的操作のできるつまみ、ボタンの配置も素晴らしい

ただ注意して欲しいのが、「B20」をはじめとするいくつかのEPOS製品のオーディオ設定をより微調整するために使用する「EPOS Gaming Suite」はWindows 10のみ対応となっていることです。
(※すべてのヘッドセットがドライバをインストールする必要はありません)
詳しくはEPOS Gaming Suiteをダウンロード可能なEPOS公式ページ内のゲーミングのダウンロードをご覧ください。

ちなみに公式ページ内にもある通りPS4、PCソフトフォン、macOSに互換性があるとのことですが、今後、話題の最新機器、PS5との互換性を有効にするファームウェアのアップデートもリリースされる予定だそうです!

お家がスタジオに大変身!

お家がスタジオに大変身!
お家がスタジオに大変身!
funglr Games

今回ご紹介した「B20」お値段は26,800円(税込)となっています。
性能とコンパクトさ、さらに気の利いたデザイン性も細部に見られるので値段以上の満足感はあること間違えなし
ゲームチャット、実況はもちろんのこと、オンラインデートやテレワークにもピッタリ。
チャットの音質を気にする方にもデバイスのカッコ良さを重視する方にもオススメです!

ゲーミング及びPC対応マイク EPOS B20
ゲーミング及びPC対応マイク EPOS B20

Amazonで購入楽天市場で購入au PAYマーケットで購入ビックカメラ.comで購入

56236EPOSから登場した本格的スタジオクオリティーのゲーミングマイク「B20」をレビュー!
EPOSから登場した、密閉型ゲーミングヘッドセット「EPOS H3」をレビュー!

デンマーク発のゲーミングデバイスブランドEPOSから、発売された密閉型ゲーミングヘッドセット「EPOS H3」 ノイズキャンセリング搭載なミッドレンジなゲーミングヘッドセットは珍しく、funglr Gamesでも気になっ […]

Ⓒ 2021 by EPOS