クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービス開始が6月に決定

クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービス開始が6月に決定
リリース情報
SoftBankは2020年3月5日(木)に行った「SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会」の中で、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の国内向けサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」に関しての発表を行った。

「GeForce NOW」とは

「GeForce NOW」は高性能GPUなどの開発・販売を行っているNVIDIAが提供するクラウドゲーミングサービス。
負荷のかかる処理を「GeForce NOW」のサーバ側で行った上でストリーミング配信をするため、高負荷な処理ができないPCやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類や性能を問わずに、高性能を要求されるゲームをプレイすることができる。
日本ではSoftBankが協業し「GeForce NOW Powered by SoftBank」としてサービスを展開する。


 

多くの大作ゲームが続々

「GeForce NOW Powered by SoftBank」では400を超える大作ゲームタイトルがラインナップされている。
eスポーツのタイトルでもおなじみのバンダイナムコの「鉄拳7」や「SOULCALIBUR VI」、「FORTNITE」や「League of Legends」のような最新タイトルから、「CUPHEAD」のような懐かしいタイトルまで網羅している。
ラインナップは随時更新予定となっており、トップタイトルに関しては「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイトから確認することができる。

サービス開始は2020年6月

「GeForce NOW Powered by SoftBank」は2020年6月に正式サービス開始となる。
月額料金は1,800円(税抜)となっているが、6月正式サービス開始から2020年7月末までは全ユーザー月額料金無料で提供される。
月額料金内で全てのゲームタイトルがプレイできるわけではなく、ゲームタイトルは個別にデジタルゲームストアで購入する必要があるため注意が必要。
現在「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイトから事前登録を受け付けており、事前登録特典は後日発表とされている。
詳細、注意事項は「GeForce NOW Powered by SoftBank」公式サイトにて。

5537クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービス開始が6月に決定
「RAGE Shadowverse Pro League」にソフトバンクホークスが参入決定

株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社、 株式会社テレビ朝日、 株式会社Cygamesが共催する本格スマホeスポーツ「Shadowverse(シャドウバース)」の国内プロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に、 福岡ソフトバンクホークス株式会社が参入することが決定した。

TEKKEN™7 & © BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ACE COMBAT™ 7: SKIES UNKNOWN & © BANDAI NAMCO Entertainment Inc. SOULCALIBUR ™ Ⅵ & © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
© 2019 NVIDIA, the NVIDIA logo, GeForce, GeForce NOW are trademarks and/or registered trademarks of NVIDIA Corporation in the U.S. and other countries. © SoftBank Corp. All rights reserved.