Facebook Pixel

今度は自販機でショート缶!「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」が登場!

今度は自販機でショート缶!「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」が登場!
商品情報

500mlの大容量で多くの愛好者がいるエナジードリンク「ZONe」シリーズ
最近では2021年4月に「mad_hacker」、2021年6月に「Trance」と短い期間で続々と新フレーバーをリリースしているだけでなく、定番の黒い缶の「ZONe」が「Ver.2.0.0」にアップデート。
1缶500mlあたりカフェイン150mgというエナドリの中でもトップクラスの配合量へと進化しています。
そんな「ZONe」シリーズが早くも新商品を発表しました!今度は「ZONe」史上初のショート缶です!

濃縮カフェインで速攻チャージ!

ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19
ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19
ZONe Energy公式Twitter

新たに「ZONe」シリーズに仲間入りするのは「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」です。
これまでの「ZONe」シリーズは500mlの大容量でしたが「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」は史上初の240mlのショート缶タイプとなります。
某赤い牛のエナドリの短い缶が250mlですので、あれくらいのサイズ感と思って良いかと思います。
500mlの大容量で1日中エナジーをチャージできる「ZONe」ですが、たしかにパッとキメたい時には量が多いです。
240mlならここぞという時に手に取りやすいですね!
濃縮されたカフェインで速攻起動セヨ」ということですので、どれくらいの量のカフェインが配合されているか公式サイトで公開されている成分を確認すると、1缶240mlあたり75mgのカフェインが配合されています。
「ZONe Ver.2.0.0」が500mlで150mgのカフェインが配合されていますので、内容量もカフェインの配合量も半分くらいになった製品ということでしょうか。
そうはいっても他の「mad_hacker」「Trance」「Utopia」といった「ZONe」シリーズは1缶500mlでカフェイン量が75mgですので、240mlでそれら1缶分のカフェインを摂取できる有能な新商品ですね!

「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」は2021年7月より、1都9県の自動販売機にて先行発売開始となっています!
気になる1都9県は東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟、山梨となっているので、お住いの方は自動販売機を見つけた時にチェックしてみましょう。
順次投入中となりますので見つけ次第即ゲットしましょう!

ZONe Ver.2.0.0 エナジードリンク 500ml ×24本
ZONe Ver.2.0.0 エナジードリンク 500ml ×24本

Amazonで購入楽天市場で購入PayPayモールで購入au PAYマーケットで購入

61355今度は自販機でショート缶!「ZONe QUICK BOOST βVer.0.9.19」が登場!
今度のZONeはフルーツミックス系!?「ZONe Trance Ver.1.0.0」を飲んでみた!

遂に関東も梅雨入りして、じめじめとした季節がやってきました。 湿度も気温も高くなってくる時期は、何か炭酸が効いた爽やかな飲み物が欲しくなるのではないでしょうか。 そんな時はエナジードリンクを飲んで爽やかになっちゃいましょ […]

© ZONe All rights reserved.