Xboxの「Project Scarlett」発表 ー 2020年冬販売開始

Xboxの「Project Scarlett」発表 ー 2020年冬販売開始

Microsoftは「Xbox E3 Briefing 2019」にて、Xboxに続く新しいゲームハード「PROJECT SCARLETT」を発表した。

ゲーミングの未来はマイクロソフトが作っている

今回公開された動画によると、この「Project Scarlett」はコンソールゲームの未来だとしている。
プレーヤーがゲームの世界へ更に入り込むために、見たことない最先端の技術を取り込んでいるとのことだ。
プレイヤーの経験を第一に考えていて、全力を尽くすという「Project Scarlett」は一体どのようなものなのだろうか。

新世代の技術を採用

「Project Scarlett」にはXbox One Xのプロセッサの4倍もの性能を誇る専用にカスタム設計されたプロセッサ、 高帯域幅のGDDR6メモリー、そして全く新しいタイプのSSDが搭載されており、それだけで「Project Scarlett」を持つ価値があると自信。
開発チームは「ゲームのロード時間をほぼゼロにしていて、お気に入りのRPGはよりシームレスな体験になります。」と発言している。

また、ロード時間の大幅短縮だけでなく、「Project Scarlett」は8Kの解像度をサポートをしている上、ハードウェアアクセラレーショングラフィックスも採用されている。

後方互換が復活

「Project Scarlett」には後方互換があることが示唆されている。
後方互換により、過去のゲームタイトルをプレイするために別途ハードを用意しないといけないといったストレスから開放されるだろう。
SONYもPS5(仮)では後方互換を視野に入れていることを示唆しており、過去のゲームタイトルをいつでも気軽に遊べる時代が来るかもしれない。

発売時期と価格

「Project Scarlett」は2020年の冬と発表されており、価格は未定。
Xboxスタジオはすでにこれらの次世代ゲームに取り組んでおり、そのうちの1つは新しいHaloタイトルであるとしている。

新作タイトル、後方互換と注目度の高い「Project Scarlett」の続報に期待している。