eスポーツ先進県の富山、富山駅でeスポーツを放映

eスポーツ先進県の富山、富山駅でeスポーツを放映

富山駅でeスポーツ大会を放映

2018年3月17日(日)、千葉県にある日本最大級コンベンション施設の幕張メッセで開催されたeスポーツ大会「RAGE 2019 Spring」を富山県eスポーツ協会が富山駅で放映しました。

富山県eスポーツ協会は一般社団法人日本eスポーツ協会(略称:JeSPA)の加盟団体として2016年9月1日に設立。
富山県内におけるeスポーツの普及活動及び認知度の向上、コミュニティ作りなどをおこなっています。

2018年はeスポーツの認知度が大幅に向上した年でしたが、富山県eスポーツ協会はいち早く地域コミュニティを形成し富山県にeスポーツを普及させていってます。

富山eスポーツで初めてのパブリックビューイング

最近ではスポーツやライブなどの観戦方法に「パブリックビューイング」が定着している。試合会場とは別の会場で試合をリアルタイムで観戦し、実際の会場と変わらないクオリティで盛り上がることができる。
パブリックビューイングは別の会場でも有料というのが珍しくないが、今回は富山駅という公共の場で放映された。
多くの人にeスポーツを知ってもらいたい・観てもらいたいという富山県eスポーツ協会の意図が伝わってくる。

地域特価・地域密着は各都道府県でも近年活発だが、eスポーツ先進県の富山並びに富山県eスポーツ協会の動向に今後も要注目である。

37eスポーツ先進県の富山、富山駅でeスポーツを放映
石川県や富山県がeスポーツの最先端都市を目指す!企業や大会の誘致を積極的におこなう

eスポーツで産業創出や地域活性化を狙う金沢市が企業や大会を誘致したいと意欲的。2015年に北陸新幹線が開通して、東京都内からのアクセスも2時間半で可能になり、閉ざされた北陸が開放された。