Facebook Pixel

バンダイナムコグループがロゴ変更!「パーパス」を制定し2022年4月に新ロゴへ!

バンダイナムコグループがロゴ変更!「パーパス」を制定し2022年4月に新ロゴへ!
業界ニュース

株式会社バンダイナムコホールディングスは、企業理念体系を改定し「パーパス」を制定し、コーポレートロゴマークを、パーパスにこめた思いを具現化した新しいロゴに変更すると発表した。

「パーパス」の制定

バンダイナムコグループ株式会社バンダイナムコホールディングス

バンダイナムコの社会における存在意義、何故事業や企業活動を行うのかを表す「パーパス」が制定されました。

日本語版パーパス

Fun for All into the Future

もっと広く。もっと深く。
「夢・遊び・感動」を。
うれしい。たのしい。泣ける。勇気をもらう。
誰かに伝えたくなる。誰かに会いたくなる。
エンターテインメントが生み出す心の豊かさで、人と人、人と社会、人と世界がつながる。
そんな未来を、バンダイナムコは世界中のすべての人とともに創ります。

株式会社バンダイナムコホールディングス
 

英語版パーパス

Fun for All into the Future

Bandai Namco exists to share dreams, fun and inspiration with people around the world.
Connecting people and societies in the enjoyment of uniquely entertaining products and services, we’re working to create a brighter future for everyone.

株式会社バンダイナムコホールディングス

コーポレートロゴマーク変更

バンダイナムコグループ株式会社バンダイナムコホールディングス

現在の融合(フュージョン)をテーマにしたロゴマークから、「パーパス」にこめた思いを踏まえた新しいロゴマークに変更されます。
新しいロゴが株式会社バンダイナムコホールディングスだけでなく、“バンダイナムコ”の名前を冠する「株式会社バンダイナムコエンターテインメント」や「株式会社バンダイナムコスタジオ」などにも使用され、グループ全体が変更される模様です。
また“バンダイナムコ”の名前がない商品やサービスにも新しいロゴマークを表記するとのことです。

ガンダムシリーズを手掛けるグループ企業の株式会社サンライズや株式会社創通にも新しいロゴマークが表記されると思われます。

新しいロゴのデザインコンセプト

明るく楽しい印象を与え、再現性が高いマゼンタカラーが採用されており、マンガ文化を象徴する“吹き出し”を取り入れています。
日本から世界に発信されていったマンガ文化、世界中のファンとコミュニケーションし、エンターテインメントを創り上げていくことを意図しているとのこと。

 

川口 勝代表取締役社長メッセージ

2022 年4月の次期中期計画よりグループの最上位概念となる「パーパス」は、社内外へのイメージ調査と、世界各地域の社員達によるディスカッションからあがってきた要素をもとに、何度も議論を行い決定しました。
特に我々がこだわったのは“つながる”“ともに創る”という要素です。バンダイナムコのエンターテインメント(Fun)で世界中のファンがつながり、バンダイナムコの Fun を届けることで、世界中の人々を笑顔にし幸せを追求することがバンダイナムコの存在意義であり使命です。
ファンとともに、IP や商品・サービスを育てながら歩んできたバンダイナムコにふさわしいパーパスだと思います。これからも、我々の存在意義に誇りを持ち、新しい時代を切り開いていきたいと思います。

72446バンダイナムコグループがロゴ変更!「パーパス」を制定し2022年4月に新ロゴへ!
人気タイトル山盛りのバンダイナムコTGS2021 Online特設サイトを紹介!Twitterキャンペーンも開催中!

「それでも、僕らにはゲームがある。」をテーマに2021年9月30日(木) ~ 2021年10月3日(日)の日程で開催される、日本国内最大のゲームの祭典「東京ゲームショウ2021 オンライン」(以下TGS2021 Onli […]

COPYRIGHT©BANDAI NAMCO Holdings.Inc ALL RIGHTS RESERVED.