App Store、Google Playから「フォートナイト」が削除!Epic Gamesは抗議の姿勢

App Store、Google Playから「フォートナイト」が削除!Epic Gamesは抗議の姿勢
業界ニュース

全世界で大人気のバトルロイヤルゲーム「フォートナイト
先日もゲーム内で日本人ミュージシャン「米津玄師」さんのパフォーマンスが行われ大きな話題になりましたね。
そんな「フォートナイト」はあらゆるプラットフォームでプレイすることができ、クロスプレイが可能というのも魅力の1つ。
しかし、突如としてiOSアプリを提供するApp Store、Androidアプリを提供するGoogle Playからフォートナイトが削除されたのです!
一体どういうことなのでしょうか?

日本人初!米津玄師が「Fortnite」内でイベント開催決定!8月7日に全世界同時開催!

ゲーム内通貨の直接購入システムが原因か

通常iOSやAndoroidのアプリの場合、ゲーム内課金はApp StoreやGoogle Playを経由して行われますが、Epic Gamesはユーザーが直接Epic Gamesに支払いができる「EPIC ディレクトペイメント」を発表。
さらにフォートナイトのゲーム内通貨「V-Bucks」を最大20%オフで購入できる「フォートナイト メガプライスダウン」を2020年8月13日から開始しました。

「フォートナイト メガプライスダウン」は、「EPIC ディレクトペイメント」を利用することでiOS版、Andoroid版であっても20%の割引を受けられるというものです。
App StoreやGoogle Play経由で支払いを行うと、Epic Games側には30%の手数料が徴収されます。これを回避するためのものと思われるのですが、これが問題でした。
App Store、Google Playそれぞれの規約では、ざっくりいうとゲーム内課金を行う場合はApp Store、Google Playを経由しての課金でなければならないとしているのです。
つまりは「EPIC ディレクトペイメント」は規約違反ということですね。
そのためApp Store、Google Playからフォートナイトは削除されてしまったというわけです。

Epic Gamesは抗議

フォートナイトのアプリを削除されたEpic Gamesは抗議の姿勢を示しています。
AppleがMacintosh発表時に放送したCMのパロディ動画を公開したのです。

もともとのAppleのCMは小説「1984」を題材にし、「1984年が“1984”のようにならないのがわかるでしょう?」というメッセージが最後に字幕で表示されますが、Epic Gamesの公開した動画では「2020年を「1984」にしないために闘いに参加してください」と表示されます。
映像もメッセージもあえてパロディにすることで、強い抗議の姿勢であることがわかりますね。
またEpic Gamesははハッシュタグ「#FreeFortnite」とfn.gg/freefortniteにアクセスして闘いに参加して欲しいとコメントしています。
果たして再びiOS、Androidでフォートナイトがプレイ出来る日がくるのか。その動向が注目されています。

19271App Store、Google Playから「フォートナイト」が削除!Epic Gamesは抗議の姿勢
みんなもデッドプール!?フォートナイトにデッドプールのコスチュームが登場!

Epic Gamesが運営する「FORTNITE チャプター2 - シーズン2」のバトルパスの一部としてデッドプールのコスチュームが配信開始!二丁拳銃を入手してデッドプールのコスチュームで悪名高い「マーク・ウィズ・ア・マウス」になりきろう。

© 2020, Epic Games, Inc.