RAGE初の国際大会「RAGE ASIA 2020」が2020年8月29日、30日に開催!RAGEを主催する3社合同説明会で語られたRAGEの未来とは

RAGE初の国際大会「RAGE ASIA 2020」が2020年8月29日、30日に開催!RAGEを主催する3社合同説明会で語られたRAGEの未来とは
インタビュー

株式会社CyberZおよびエイベックス・エンタテイメント株式会社、株式会社テレビ朝日が主催する「RAGE ASIA 2020」が、2020年8月29日(土)、8月30日(日)の2日間で開催される。
2015年末に第1回大会が開催されて以降、国内最大級の賞金制オフライン大会として行われてきたRAGEだが、昨今のコロナ禍の状況を鑑み、「RAGE ASIA 2020」は完全オンラインで行われる
大会に先立ち、「RAGE ASIA 2020」を主催する3社による合同オンライン説明会が2020年8月27日(木)に開催された。
今回は合同説明会で語られたRAGE ASIA2020開催の意義や、RAGE ASIAならではの取り組み、RAGEの今後の展望をご紹介する。

「RAGE ASIA 2020」開催決定!ゲームタイトルはApexと荒野行動!

RAGE初のグローバル大会が開催!

「RAGE ASIA 2020」は、RAGE初のグローバル大会だ。
日本国内だけでなく中国や台湾、韓国といったアジア諸国から多数の招待チームが参加し、アジアの頂点を決める戦いが行われる。

昨年の段階で、2020夏のRAGEは東京五輪と並行してeスポーツの国際大会(オフライン)を開くことが、弊社を含めた主催3社で決定していました。

そう語るのは、RAGEを主催する株式会社CyberZ取締役でeスポーツ事業管轄RAGE総合プロデューサーの大友真吾氏(以下、大友氏)だ。

RAGE ASIA 2020開催の背景を語る大友氏
RAGE ASIA 2020開催の背景を語る大友氏
しかし、コロナウイルスが世界的に流行する状況を受け、今年3月末にオンラインにてアジアNo.1を決める頂上決戦を行うことに決めました。
東京五輪は中止になってしまいましたが、RAGEを中止にしてしまうのはもったいないと感じて。
そこで形を変え、eスポーツだからこそできる国際マッチとして選手・観客のすべてが完全オンラインの形で今回の大会開催に踏み切りました。
単なる大きなイベントとしてのお祭り大会をやりたいのではなく、このようなコロナの状況下だからこそ、オンラインかつ日本発という形でみんなが元気になるようなeスポーツ大会、コンテンツを届けたいと思っています。

と、大友氏は続ける。
今回のRAGE ASIA2020は、モバイルタイトルに「荒野行動-knives out」、PCタイトルに「Apex Legends」と、現在世界的に大きな注目を集めている2タイトルで試合が行われる。
この2タイトルを選んだ理由について、大友氏は次のように語る。

これまで5年間RAGEを運営してきましたが、RAGEを、そしてeスポーツそのものを、今後もより大きなエンターテイメント興行にしていきたいと考えています。
そのために、より多くの人に大会を見てもらいたいという思いが強くあります。
特に今回の大会はRAGE初の国際大会ということで、コアなファンの方だけが見るeスポーツ大会ではなく、eスポーツ初心者の方にも見てもらいたい。
ゲームのタイトル自体は知ってるけどゲーム自体はやったことがないとか、eスポーツの大会は一度も見たことがないようなライト層に今回の大会を届けたい。
そういう思いもあり、グローバルのIPである荒野行動-knives outとApex Legendsを今回開催タイトルに選びました。

「V-RAGE」の本ローンチでより新たな観戦体験を

V-RAGEのイメージ図
V-RAGEのイメージ図

昨今、eスポーツに限らず多くのスポーツなどでも、大会はオフライン観戦とオンライン観戦の両方が楽しめるようになってる。
これまでオフライン開催されていたRAGEも、大会の様子はOPENREC.tvやYouTubeを通じて配信されてきた。
より多くの人に大会を見てもらいたい」その思いから、今回のRAGE ASIA 2020ではこれまでの配信に加え、VRを通じた新たな観戦体験「V-RAGE」を提供する。
V-RAGEとは、RAGEが運営するeスポーツ大会の試合観戦やイベント参加体験ができる「バーチャル空間のeスポーツ専用施設」だ。

V-RAGE内のRAGE ASIA 2020大会スタジアム
V-RAGE内のRAGE ASIA 2020大会スタジアム

大会期間中V-RAGEに接続することで、RAGE ASIA 2020に合わせた外観や演出が施されたVR空間内の大会スタジアムにアクセスすることができる。

BEAMSとのタイアップTシャツをV-RAGE内で着用できる
BEAMSとのタイアップTシャツをV-RAGE内で着用できる

先日funglr Gamesでも取り上げたBEAMSとのタイアップTシャツに身を包み、ボイスチャット機能を使って友人と会話しながら大会の観戦ができるといったシステムだ。
V-RAGEは2020年3月にβ版をローンチし、バーチャル空間内でのイベント「RAGE」を開催した。

3月の段階で1万人ぐらいの方が見に来てくださったので、今回のRAGE ASIA 2020では3万人から5万人ぐらいの視聴者は獲得できるのではないかと思っています。
また、そのぐらいの数字を目指してコンテンツも増やし、企画もかなり仕込みました。

と大友氏は語る。

これまで数々のイベントを手掛けてきたエイベックスの坂本氏
これまで数々のイベントを手掛けてきたエイベックスの坂本氏

エイベックス・エンタテイメント株式会社 ライヴ事業本部 イベント制作グループ ゼネラルマネージャーの坂本茂義氏(以下、坂本氏)は次のように続ける。

僕らはこれまでリアルイベントを多く手掛けてきたが、リアルイベントは開催されても行く派と行かない派に分かれるんですよ、ファンの中でも。
今回のV-RAGEを含めたデジタル戦略・テクノロジー戦略って行かない派にすごく刺さって、体験する人は倍増どころかもっと増えるんじゃないかなと思っています。

大友氏はV-RAGEの将来像について次のように語る。

今はRAGEに限らずeスポーツの現場というのはBtoBのマネタイズが中心になっています。
なので、我々の使命はユーザーがお金を出しても満足できるコンテンツを作り続けることなんじゃないかなと思っていて。
将来V-RAGEが有料のコンテンツになっても利用したいと思ってもらえるようなものにしていきたいと考えています。
それこそ、V-RAGEをRAGEに限らず他のeスポーツ大会に技術提供していくこともありかなと。
V-RAGEがきっかけでオンラインでの新しい観戦スタイルが生まれれば、V-RAGEを使ってたくさんのコンテンツが世の中に広がっていくと思うので。

100万人が同時視聴するeスポーツコンテンツを目指して

今回RAGE初の国際大会として開催されるRAGE ASIA 2020だが、RAGEが掲げる今後の展望はどのようなものなのだろうか。
大友氏は次のように語る。

日本のeスポーツシーンは今まさに急成長しているところだと思います。
しかし、まだまだ海外に比べると視聴数の規模感などは発展途上なのかなと。
僕たちは今回のような取り組みを繰り返していくことでeスポーツのファン層をとにかく広げていきたいし、日本でのeスポーツの観戦文化というものがRAGEを通して根付けば良いなと思っています。
将来的には同時に100万人が見るようなeスポーツ大会・コンテンツを作りたいなと。
また、今回はRAGE ASIAですが、いつかRAGE WORLDも行いたいですね。

坂本氏はアジアに拠点を持つエイベックスならではの視点で展望を述べた。

エイベックスは現在アジアにいくつも拠点を持って活動してるのですが、アジア各国のeスポーツ事業者からだんだんと声がかかるようになっています。
一緒に何かやりませんかと。
これってまだまだ日本国内では少ないような声かけなのですが、すごくいい流れができ始めているのかなと。
ゆくゆくはRAGEネットワークのようなものができて、ASIAに限らないグローバル大会が出てくるとめちゃくちゃ面白いんじゃないかなと思ってます。
マスメディアの立場からファンの拡大を狙うテレビ朝日の石田氏
マスメディアの立場からファンの拡大を狙うテレビ朝日の石田氏

株式会社テレビ朝日 ビジネスプロデュース局 ビジネス統括部・担当部長 石田要氏も、マスメディアの立場でeスポーツ業界を盛り上げていく意向を語った。

我々は地上波のマスの力を生かしながら、RAGEやeスポーツの盛り上げに貢献出来たら良いなと思っています。
現在、RAGEのスポンサーについてくださる企業は若年層へのリーチを図っていると思います。
しかし、テレ朝ではRAGEやeスポーツのファン拡大、特に若年層以外のコアターゲットを獲得するという部分にもお力添えができるのかなと思っていて。
そうなるとスポンサー企業の裾野も広がっていくのかなと。
そのためにも、テレ朝では毎週日曜の深夜にReAL eSports Newsという番組を行っています。
こちらの方ではRAGEも含めたeスポーツ関連のニュースを毎週取り上げています。
また、RAGE ASIA 2020に関しても、先日深夜に1時間ほどの枠を取って事前の直前スペシャル番組を行いました。
RAGE初の国際大会開催に向け期待を寄せる3人(左から坂本氏、大友氏、石田氏)
RAGE初の国際大会開催に向け期待を寄せる3人(左から坂本氏、大友氏、石田氏)

2015年末から国内におけるeスポーツ市場を盛り上げ続けてきたRAGE。
RAGE ASIA 2020を皮切りに、今後ますます国内外でのeスポーツ市場が拡大していくだろう。
RAGE ASIA 2020の詳細は公式サイトから確認できる。

Logicool G Pro X Wireless ゲーミングヘッドセット
Logicool G Pro X Wireless ゲーミングヘッドセット

Amazonで購入楽天市場で購入ビックカメラ.comで購入

©RAGE
© 2017 NetEase, Inc. All rights Reserved
This tournament is not affiliated with or sponsored by Electronic Arts Inc. or its licensors.