WESG香港eスポーツフェスティバル2018-大会以外の見所

WESG香港eスポーツフェスティバル2018-大会以外の見所

「アリスポーツWESG香港eスポーツフェスティバル2018」は11月9日~11日の計3日、アジアワールド・エキスポで開催された。世界レベルのeスポーツ対戦を楽しめるほか、場内には無料で体験できるゲームコーナーも設けられていた。VR技術を用いた人気ゲーム、例えば、『HADO』、『Virtuix Omni』、『Beat Saber』もあった。大会に参加できなくても、ゲームを実際に体験できた。

VRゲームがただで遊べる

hado
スタッフにヘッドマウントディスプレイをつけてもらっているプレイヤー
funglr.games

超人気の日本ゲーム『HADO』は、普段家で遊びにくいゲームだ。最大3人vs3人の計6人で対戦できる。AR技術とモーションセンシング技術によって、現実世界でスキルを放つ夢が実現された。腕に装着したアームセンサーでプレイヤーの動作が捕捉されて、「波動を放つ」、「溜める」、「盾を構える」のどちらかを認識して判定される。AR画面では、自分の波動と相手の体力が描画される。

『Beat Saber』は音ゲーマーの間では周知のはず。『Beat Saber』というVR向けリズムゲームはネットでも相当流行っていて、今年ACGHKのお試しプレイブースでも、長い行列ができていた。プレイヤーはリズム通りに光る剣を振るい、飛んできたキューブの方角、色、そして矢印の方向通りに、キューブを両断にしていく。

ヘッドマウントディスプレイをつけて、『Beat Saber』を遊んでいるプレイヤー
Photo source「Ray Fung」

『Virtuix Omni』は、仮想世界で自由に歩ける夢を実現する歩行型VRデバイスだ。このデバイスを使って、VRゲームで「歩く」「走る」のほか、「跳ぶ」「しゃがむ」こともできた。

Omni
プレイヤーは『Virtuix Omni』でシューティングゲームを遊んでいる
funglr.games

素晴らしいステージパフォーマンス

Remarkable Live Performance
ゲストの日系香港アイドルグループ「森林物語」
Photo source「Ray Fung」

ゲームのお試しプレイのほか、会場の向こう側からも歓声が聞こえてきた。eスポーツ対戦以外、メインステージでは、色んなパフォーマンスも見られた。出演ゲストには日本のDJ、コスプレ大会の選手や香港ご当地のグループもいた。
ダンスパフォーマンスのほか、ゲストも踊ったり歌ったりするので、見所満載だった。