東京都主催の「東京eスポーツフェスタ」で「NTTドコモ」と「よむネコ」のブースで最新VRを体験してきた!

東京都主催の「東京eスポーツフェスタ」で「NTTドコモ」と「よむネコ」のブースで最新VRを体験してきた!
イベント情報

1月11日、12日と1ヶ月前に2日間開催された「東京eスポーツフェスタ」では多くの企業がブースを出展していました。

予算5000万円!東京都が主催したeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」で感じた行政×eスポーツの可能性

その中には近年目覚ましく進化するVR関連のコンテンツもあり、VR大好きマンの記者としては見逃せない!迷わずブースに飛び込みました。

VRと5Gで進化するスポーツ体験!VRバドミントン

VRバドミントン
VRバドミントン
funglr Games編集部

株式会社NTTドコモの展示、VRバドミントンは、リアルな3DCGとして再現された実在のバドミントンプレイヤーが打ち込むシャトルを打ち返せるか挑戦する7本勝負を体験できます。

高性能なVRヘッドセットを被り、視界は完全にバドミントンのコート。
そして手に握るコントローラはバーチャル空間上ではどう見てもラケット。
手や身体の動きに合わせて自然に3DCGの身体とラケットが動き、ラケットの速度、角度といった当たり加減がしっかりと反映される意外なほど丁寧な仕上がりによって、違和感なくバドミントンをプレーすることができます。

後ろの大画面にはVRバドミントンを体験している視界が生中継されているとは言え、まだまだ傍から見れば顔の上半分を機械で覆いながら棒を振り回す危ない画ですが、体験している方々はすっかり没頭して実際には存在しないシャトルを夢中で追いかけていました。
体験された方の中には、途中で不意にガットを触ろうとしてもう一方の手を伸ばし、そういえば持っているのはコントローラだったなあ、なんて勘違いをしている仕草も。

実際にバドミントンをプレイする7本勝負の前には、5Gによって可能となる新たなスポーツ観戦体験のイメージとして、バーチャル空間上で試合をする2人のプレイヤーの様子を、なんとコートの中に入って観戦することができます。
猛スピードで飛び交うシャトル、不意にこちらに飛び込むプレイヤー。
一瞬で空間を切り裂くラケットが自分の身体をかすめる錯覚。現実以上の体験がそこにありました。

「VRバドミントン」間近のプレーの迫力に思わずのけ反る記者
「VRバドミントン」間近のプレーの迫力に思わずのけ反る記者
funglr Games編集部

今回はあくまでイメージとして撮影済みのプレイヤー、決まった動きで飛んでくるシャトルによるバーチャルなバドミントン体験でした。
しかし5Gが掲げるのは高速・大容量、超多数端末接続、超低遅延、超高信頼性の時代。
遠からず本当に遠くのプレイヤーとVRを通してバドミントンで勝負できる時代が来るかもしれません。

会場では5Gが実際に活用されていました
会場では5Gが実際に活用されていました
funglr Games編集部

そんなVRバドミントン、奮発してVRヘッドセットを購入し、バーチャル空間慣れしたVR大好きマンの腕前にかかれば・・・7本勝負で半分も打ち返せませんでした。
どうやら運動神経は別売りのようです。

バーチャルな決闘は、リアルを超えた真剣勝負「デュエル・オブ・ガルガンチュア」

株式会社よむネコの展示は、いよいよ人と人との戦いが可能になった新作VR剣戟アクション「DUELS of GARGANTUA(デュエル・オブ・ガルガンチュア)
VR大好きマンはこの展示のために東京eスポーツフェスタに来たと言っても過言ではありません。

本展示でプレイできる新作「デュエル・オブ・ガルガンチュア」は、バーチャル空間で剣やメイスといった武器を振るい、プレイヤー同士で1対1の決闘を楽しめるVRアクションゲーム。
対人戦のために前作「SWORDS of GARGANTUA(ソード・オブ・ガルガンチュア)」の世界観、グラフィックデザインは引き継ぎつつも、内部処理を一新したとのこと。

背面のモニターで引きの視点、プレイヤー視点が中継
背面のモニターで引きの視点、プレイヤー視点が中継
funglr Games編集部

実際にプレイした体験としても、巨大な敵や多数の敵と戦うために「ソード・オブ・ガルガンチュア」では軽快なフットワークができましたが今作ではこれを抑え目に。
反面壊れやすい消耗品というイメージだった盾が重要な装備となり、総じてリアルな間合いでの斬り結びのためのシステムへと調整されています。

更には見た目にキレイな戦い方ができているほど強くなるように、前作同様振り幅が大きいとダメージが高くなる仕様は勿論、盾で武器を受けられたときに現実とゲーム内の武器の位置に乖離が少ないほど武器の損耗が抑えられるシステムが新搭載されているなど、様々な工夫が凝らされていました。

対人戦の相手は生身の人間。やはり前作のNPCが繰り出す洗練された動きとは違い、動きが本当に自由で、モーションを覚えて対応とは行かない奥深さがあります。
中でもゼロ距離でもみ合うように武器を振り回す、泥臭い戦いの狂乱は対人戦ならではでしょう。

「デュエル・オブ・ガルガンチュア」
「デュエル・オブ・ガルガンチュア」
funglr Games編集部

お互いに大型のメイスを掲げて隣の対戦相手のプレイヤーと威嚇し合うVR大好きマン。この後完敗。

「デュエル・オブ・ガルガンチュア」はあくまで開発中の展示とのことで、発売は未定ですが、今後も様々なイベントで出展予定とのこと。今回の会場では5連勝まで、何度でもリベンジ可として勝ち抜き戦を常に行っていましたが、これは沢山の人に何度もプレイしてほしい狙いがあるそうです。ぜひ今後のイベントに足を運んで、夢中になってプレイしてみてください!


剣術競技の新機軸「e-COMBAT 交陣」

株式会社響尤(きょうゆう)の展示「e-COMBAT 交陣」はVRとは違いますが、異なる側面から現代のテクノロジーによってゲーム化し、演出を強化した剣術です。
劇場で行われるフェンシングが話題となったように、剣術もまたルールと演出によって、新たな時代が模索されているようです。
「e-COMBAT 交陣」は専用の刀で防具のセンサーを反応させて有効打を判定するシステムであり、ここもまたフェンシングに近い感覚と言えるでしょう。
また、剣術のスポーツ化として似た部分のあるスポーツチャンバラにも近いかもしれません。

e-COMBAT 交陣
e-COMBAT 交陣
funglr Games編集部

ただし、これらの競技はとにかく命中させることを目的とするため、刀を扱う剣術では競技として強い動作と元々の剣術として強い動作にズレが生じてしまい、とりわけスポーツチャンバラは時として剣の試合ではないと揶揄されてしまうこともあります。
しかし、「e-COMBAT 交陣」は剣術の強味をそのまま競技に落とし込む工夫を凝らしています。
会場では実際に専用の剣で防具を攻撃させてもらいましたが、頭部等の急所は有効打と判定されやすい一方で、急所以外は刀を引かないと有効打になりません。これによって、今までの競技では実現されて来なかった、斬る動作の威力を判断できるようになりました。

「e-COMBAT 交陣」
e-COMBAT 交陣
funglr Games編集部

センサーをより高度に使用することで、システム側から剣術として強い動きへとプレイヤーを誘導する点が「e-COMBAT 交陣」を剣術競技足らしめる、とても興味深い展示でした。
センサーの反応の際には「バーン」といった派手な効果音と防具の発光で有効打を演出していましたが、これは会場の規模、スタイルに合わせて演出を強化、変化させることもできそうです。
各所で体験会も行われていますので、新時代の剣術をぜひチェック、体験してみてください。

新しいテクノロジーは新しい体験を生み、新しい体験は新しい楽しみへ。

東京eスポーツフェスタの競技タイトルとして選ばれたのはポケモンGO、パズドラ、モンスト、太鼓の達人。

これらのゲームが始まったころには、まさかeスポーツとして競技化されるとは想像もしていませんでした。
しかし、通信ケーブルでローカルに対戦していたポケモンの時代からすれば、ネットワークの進化が対戦を平易なものへと進化させ、集約された戦績によって仲間内の噂やゲームセンターのランキングではなく、プレイヤーの誰もが見えるところでゲームが一番上手いことが見える化されました。

そんな中で、遊びとしか見なされて来なかったはずのゲームが上手いこと、その価値が段々と認められ始めた気がしています。

5G、そしてローカル5Gが始まる中で、今後eスポーツを含めたスポーツの世界にどんな価値が生まれることになるのでしょうか、楽しみですね。

そしてVRも近年目覚ましく進歩して要るジャンル。
もはやただ新鮮な体験というだけではなく、遊び甲斐のある新たな楽しみへと昇華しようとしています。
その内VRのeスポーツタイトルで大会が開かれるなんてことも、今や決して無い話ではなさそうです。
VR大好きマンの記者としては、そのためにもVRを多くの人に体験して貰いたいところ。ぜひ今後、イベントでも家からでもプレイや観戦の体験を楽しんでみてください!
・・・VRデバイスがもうちょっと手ごろな値段になれば良いのになあ。


東京eスポーツフェスタ : https://esportsfesta.tokyo/
株式会社NTTドコモ : https://www.nttdocomo.co.jp/
株式会社よむネコ公式サイト : https://www.yomune.co/
株式会社響尤公式サイト : https://kyouyu.themedia.jp/

VIVE Cosmos 99HARL006-00
VIVE Cosmos 99HARL006-00

Amazonで購入楽天市場で購入PayPayモールで購入ビックカメラ.comで購入

14248東京都主催の「東京eスポーツフェスタ」で「NTTドコモ」と「よむネコ」のブースで最新VRを体験してきた!
東京eスポーツフェスタでおこなわれた「ポケモンGO」ゲット&バトルトーナメント決勝戦レポート!PvPで観客を魅了した熱き戦い

「東京都eスポーツフェスタ」初日1月11日(日)におこなわれた「『ポケモンGO』ゲット&バトルトーナメント」の決勝戦。東京都主催のeスポーツイベントのタイトルにまさかの「ポケモンGO」が採用され、どういった大会になるか注目が集まっていました。そんな「東京都eスポーツフェスタ」初日の目玉イベント「『ポケモンGO』ゲット&バトルトーナメント」の決勝戦をレポートします!