Facebook Pixel

ゲームブック風のローグライク・カードゲーム!TGS2022 インディーゲームコーナーにて「Shambles」を試遊してきた!

ゲームブック風のローグライク・カードゲーム!TGS2022 インディーゲームコーナーにて「Shambles」を試遊してきた!
イベント情報

2022年9月15日(木)から9月18日(日)まで開催される「東京ゲームショウ2022」(以下、TGS2022)
3年ぶりのオフライン開催で、どこのブースも賑わっていましたね!
特にメジャーなゲームの試遊は長時間の待機列が発生したりしておりましたが、インディーゲームは比較的すいているところも多く、さまざまなタイトルを遊びたい方にはオススメなので、来年もTGSに来られる方はぜひインディゲームコーナーに!
さて、今回はインディーゲームコーナーを回りまくった筆者が、自身の琴線に触れたオススメタイトルを紹介していきたいと思います!

踊らされるな!TGS2022 インディゲームコーナーで「掌の上で踊らされる」をVR化してみた(仮)を試遊してきた!

ゲームブック風のローグライク・カードゲーム!

Shambles
Shambles
funglr Games

今回ご紹介するのは、韓国のStudio.EXLIXが開発するローグライク・カードゲームの「Shambles」です!
本作では2XXX年の世紀末を舞台にしたストーリーをゲームブック風に楽しむことができます。
ストーリー中で獲得したカードを駆使し、バトルに勝利したポイントでキャラクターのスキルや能力値を上げ、さらなる未開地を探検していきましょう!

実機でプレイ!

キャラ選択とステ振り

まずはキャラ選択とステ振りから!
funglr Games

ストーリーを始める前に、まずは今回の試遊で使用できた上段の3人から自分のキャラクターを選びます!
ステータスを自由に割り振り、カードデッキを受け取ります。
キャラクターやデッキはストーリーを進めると新しいものが選択できるようになるので、やり込みがいがありますね!

世紀末を探検!
funglr Games

前述の通り、ストーリーではゲームブックの様な選択肢がたびたび現れます!
結局探検に行くけれど軽く渋る仕草を選んでみたり、逆にガンガン行こうぜといわんばかりのテンションの選択肢を選んでみたりと、ちょっとした選択肢でも楽しめるのがゲームブックやTRPG風ゲームの醍醐味ですよね!

地上を甘く見てはいけない!
地上を甘く見てはいけない!
funglr Games

戦闘では左上のコストを消費してカードを使える直感的なカードバトル
さて、敵の姿がぼやけていますが、これはキャラクターの体力がなく瀕死のため・・・。
あえて勇敢な選択肢を選びまくり、突撃した結果がこの有様です。
世紀末の世界で勇気と蛮勇を一緒にしてはいけませんね!
本作では100通り以上のエンディングが用意されているとのこと。
Google Play ストアではテストバージョンも公開中ですので、ぜひご自身の手で世紀末のエンディングを探検してみてください!

Razer Kishi for iPhone モバイル コントローラー
Razer Kishi for iPhone モバイル コントローラー

Amazonで購入 楽天市場で購入 Yahoo!ショッピングで探すau PAYマーケットで購入ビックカメラ.comで購入ヤマダモールで探すQoo10で探す ひかりTVショッピングで探す

レースクィーンも!Z-Challengerが手掛ける香港の公道を再現した新作レースゲーム「Rev to Vertex」TGS2022ブースレポート!
レースクィーンも!Z-Challengerが手掛ける香港の公道を再現した新作レースゲーム「Rev to Vertex」TGS2022ブースレポート!

海外からの出展もあるTGS2022ですが香港企業も出展。CHALLENGER Group傘下のZ-Challengerは、eモータースポーツに力を入れており香港の公道を再現した新作ゲーム「Rev to Vertex」をTGS2022に出展していました。そんな「Rev to Vertex」ブースの紹介をしたいと思います!