Facebook Pixel

TGS2021オフライン会場のコナミブースで「eFootball」を体験!

TGS2021オフライン会場のコナミブースで「eFootball」を体験!
イベント情報

コナミの人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン(以下、ウイイレ)」シリーズが、新たなゲームエンジンを搭載して「eFootball 2022」として生まれ変わりました。
fungle Gamesでは、2021年9月30日(木)より配信された「eFootball 2022」を更に知るべく東京ゲームショウ2021(TGS2021)のオフライン会場に行ってきました!

TGS2021でeFootball 2022を体験!

KONAMIブース
KONAMIブース
funglr Games

まずは、コナミブースを探していると…
オフィシャルパートナーシップを結んでいるチームのユニフォームを飾ったブースが見えてきました。

プレゼント企画
プレゼント企画
funglr Games

さらに、よく見ると「オリジナルTシャツ」のプレゼント企画を発見!
欲しい…!とウイイレ時代からのファンである筆者(ヘッドコーチ)は、早速、体験してみることに。

eFootball 2022体験
eFootball 2022体験
funglr Games

最新の移籍情報が反映されており、マンチェスター・ユナイテッドにいなかったクリスティアーノ・ロナウド選手が所属。
また、アーセナルへと移籍し活躍中の冨安選手も所属。
ローカルマッチでは、このような新シーズンの選手たちを使って試合が可能です。

eFootball 2022グラフィック
eFootball 2022グラフィック
KONAMI
eFootball 2022グラフィック
eFootball 2022グラフィック
KONAMI
eFootball 2022グラフィック
eFootball 2022グラフィック
KONAMI

何といってもゲーム中のグラフィックがとてもリアルになっています!
また、リスタート時にボールボーイからスムーズにボールが出されて、本番さながらの風景を感じることが出来ます。
試合のきめ細かなところに気を配っているのが伝わり、見ているだけでも満足感を得られます。

試合中は、これまでのウイイレシリーズではできた相手に向かってダッシュをしているだけでボールを奪うことが出来ず、プレイヤーの意思できちんとプレスをかけたり、足を出したりしなくてはなかなかボールをカットできないことを体験。
守備時の駆け引きを楽しむことが出来るようになったとも言えました。

eFootball 2022は、進化し続ける

「eFootball 2022」の配信を記念して、2週間限定で豪華賞品が抽選で当たる「プレゼントキャンペーン」も開催中です。
期限は10月14日(木)までとなっていますので、お見逃しなく!

なお、「eFootball 2022」は継続したアップデートを通して、操作性の向上やコンテンツの追加が予定されています。
まだまだ始まったばかりの「eFootball 2022」
プレイヤーの意見もどんどんと反映され、アップデートのたびに進化した世界が見れるようになるはずです。
まずは10月中に行われる予定のアップデートを楽しみに待ちましょう!

アップデートの内容や最新情報は「eFootball」公式サイト、公式Twitterアカウント(@we_konami)で公開されますのでチェック、フォローを忘れないようにしましょう!

69942TGS2021オフライン会場のコナミブースで「eFootball」を体験!
「ウイイレ」が「eFootball」へ! 9月30日(木)配信の最新作「eFootball 2022」試遊会

コナミの人気サッカーゲームと言えば「ウイニングイレブン(以下、ウイイレ)」シリーズですが、今秋、1995年の初作発売から26年目にして「eFootball 2022」として新たに生まれ変わります。 「eFootball […]

All copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license.
©Konami Digital Entertainment
Unreal(R) is a trademark or registered trademark of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere "eFootball"、"e-Football"、"eサッカー"、"e-サッカー"および"eFootballロゴ"は、株式会社コナミデジタルエンタテイン メントの日本およびその他の国と地域における登録商標または商標です。